子育てと暮らしのSENAlog

男の子2人の育児に毎日奮闘中。たまに歯科衛生士としての話も(о´∀`о)

禁煙に失敗し続けて10年の夫。失敗の原因はたった1つの大切な事。

f:id:sena-k07:20171218000438j:plain

夫は喫煙歴20年で、以前は1日1箱タバコを吸っていました。

結婚して10年間の間にもう何十回「禁煙する」と聞いたことか…。

今まで何度も試みた結果、3日~1週間の禁煙が限界のようです。

ここ数年では「禁煙しようと思って!」と言われる度に「はいはい、無理でしょ(-∀-`; )」としか思えません…。


数々の失敗談…その中で私が感じたことや気付きをまとめていきます。

きっかけ1「 長男の妊娠」

f:id:sena-k07:20171218000454j:plain

長男の妊娠が判明した寒い冬の日、禁煙を決意した夫。

お祝いも兼ねて近所のお店で食事をした帰り道、夫が「コンビニに行くから先に帰ってて。」と言い、別方向へ歩き出しました。

部屋に着き、カーテンを閉めようとした時に窓から夫らしき人物が見えたのです。

当時住んでいた7階の窓から駅前のコンビニは一直線で見えました。
コンビニの外で歩き出さず、動かず立っている夫。
「何してるんだ…??」

当時は「誰か(浮気相手!?)と電話してるんじゃ…!?」とモヤモヤして帰ってきた夫に聞いてみると
「ごめん…タバコ吸ってた(-人-;)」
という返答…。

その後しばらく禁煙再チャレンジもなく、ベランダで蛍族となった夫でした。

きっかけ2「お金が勿体ない」

f:id:sena-k07:20171218000540j:plain

この理由で何度も禁煙にチャレンジしている夫。

「協力して」
「ストレスで吸いたくなるからストレスかけないで」
「応援して」
と言われ、初めのうちは私も努力しました。

しかし、夫から「失敗した」とも言われずに、気付いたらまた吸い始めてる姿を発見…。

その度に裏切られた気持ちになりました。

そもそも人に頼ってタバコをやめようと考える事自体が甘いっ!と感じました。

きっかけ3「次男の妊娠」

f:id:sena-k07:20171218000602j:plain

次男の妊娠がわかり、単身赴任をやめて一緒に暮らすことが決まっていました。また無理だろうと思いつつも秘かに期待していました。

夫は近所に住む親友と禁煙同盟を作り、お互いの妻を巻き込んでLINEの「きんえん」グループを作りました。

毎日「がんばれ~」やら「今日吸った?」「吸ってないよ」のトークが続くうちに私は「この人達、やめる気ないな…(-_-;)」と感じこのトークがアホらしくなって来ました。

その事を夫に話すと
「実は俺もあいつも吸っちゃってたんだよねf(^^;」と夫がヘラヘラ笑いながら言いました…。
ドッカーン(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

夫よ…妊婦を怒らせないでくれ…。

以後、禁煙の協力要請は全てお断りしています。

きっかけにならなかった「長男からの手紙」

f:id:sena-k07:20171218000908j:plain

NHKのドキュメンタリーで喫煙者がバージャー病になり、足の激痛から始まり、最後には壊死して足を切断せざるを得なくなった。という番組を見た長男。

衝撃を受け涙ながらに「パパの足が死んじゃう!!」と心配していました。

そして夫に「タバコはもう吸わないで、バージャー病になるから」と訴え手紙を書いていました。 

しかし、やめない夫。

「パパは大丈夫だよ~」と息子の心配は何処吹く風…。

この時私は思いました。
この人は一生タバコやめられないんだろなと。

きっかけ4「長男からの手紙2」

昨日の出来事。

「世界一受けたい授業」をテレビで見て、「脳を騙して禁煙を成功させる方法」を知った長男がすかさず書き始めたメッセージ

f:id:sena-k07:20171217235224j:plain

f:id:sena-k07:20171217235233j:plain

長男がこれを夫に渡し、説明をするも夫から返ってきた言葉は
「ごめん…今だけどうしても吸いたいから」でした。

堪らず「長男の真っ直ぐな思いをちゃんと感じなよッ~!!」と私…
言っても何も響かないんだろうな…と思いながらも言わずにはいられませんでした。

呪文のように唱えている夫

今日の夜いつも通りタバコを吸い終えた夫が「パパはタバコをやめられた。パパはタバコをやめられた。」と繰り返しブツブツ言っているのです。

「さっき吸ってたじゃん!?」と言うと
「もうタバコ家にないから。もうやめるんだ。」と夫。

そして長男が録画していた世界一受けたい授業を見ている夫。

ふーん、どうかな~?と半信半疑の私ですが、長男の為にも禁煙を成功させて欲しいです。

禁煙して15年の友人談

友人で旦那さんが肺炎で入院したことがきっかけで禁煙に成功した方がいます。

15年禁煙している今でも吸いたくなることがあるそうです。

でも彼女は周りの友人が吸っていても絶対に吸いません。

理由を聞くと「一度吸ったら、またやめるの辛くなるのわかってるから」と言っていました。

禁煙することが大変だったからこそそう思うんだそうです。

「どうしたらやめれるの?」と聞くと
「自分の意志じゃない?強い意志。」と。
そう言い切った彼女がとても格好良く見えました。

そして気付きました。

夫に足りないものはたばこをやめるという強い意志だけなんだと。

人に言われたからとか、そんなんじゃやめられないんだと思った私は夫の強い意志が覚醒するまで、待とうと思います。

今回の長男の思いを受けて、「覚醒」してくれたら良いのですが…(´ε`;)ゞ