子育てと暮らしのSENAlog

男の子2人の育児に毎日奮闘中。たまに歯科衛生士としての話も(о´∀`о)

キュボロ|絶対みんな勘違いしてる!スタンダードとベーシスの違い

今は入手困難になってしまったキュボロですが、ブームになる前に「ベーシス」を誕生日プレゼントでもらっていました。

スタンダードの方が人気で入荷に時間がかかりますが、実はベーシスで十分です。

十分というか、今買うなら絶対にベーシスをおすすめします。

みんなが勘違いしていそうな、スタンダードとベーシスの違いについて説明します。

積み木の種類の違い

スタンダードには13種54個のパーツがあります。
f:id:yossy_ph:20171120151321p:plain

一方のベーシスは13種30個です。
f:id:yossy_ph:20171120151342p:plain
キュボロカタログより

スタンダードは24個積み木が多いです。


しかし、よーっく見てみて下さい!


24個中19個がただの四角い積み木です!!

販売サイトでは積み木の数と種類だけが強調されている場合があります。

このただの四角い積み木も高さを作るために必要ですが、このような5cmの類似品で代用できます。


激安の積み木を買い足せば、実際に遊ぶときのスタンダードとベーシスの違いは積み木5個分だけっ!!

こことっっても重要です!!

価格・入荷時期の違い

藤井聡太四段のブームに始まり、林先生の初耳学で紹介されたり、最近では楽天おもちゃ大賞2017にも選ばれました。

しばらく人気(品切れ)は続きそうです。

価格を調べてみましたが、定価が1万円くらい違います。

定価で販売されているのは全て入荷待ちなのですが、スタンダードとベーシスでは入荷に1年以上差がある店もあります。

どんどん値上がりしていて、在庫ありですぐ届くお店では2万5千円以上の差があり、2倍のお店もありました。


積み木の差5個なのにっ!!

※ブログを書いた時に調べた結果です。今の価格はリンクから確認して下さい。

なぜスタンダードが人気なのか

積み木の差5個でこんなに差が出るのはなぜ??と思い調べてみたのですが、


みんな

「スタンダードのほうが24個も積み木が多いからお得!」

とか

「ベーシスよりも積み木の数が多いからいろいろ作れそう!」

という勘違いをしている気がします。

倍の値段を払うならベーシスとクゴリーノヒットやポップを組み合わせたほうがいいです。

入荷も1年違うなら、早く子どもに遊ばせるためにベーシスのほうがいいはずです!

【ベーシスと組み合わせるならこちら】

 

まとめ

スタンダードにベーシスより多く入っている積み木は、24個中19個がただの四角い積み木
>>>安い類似品で代用できる

価格は定価予約で1万円、在庫ありの場合は2万5千円以上の差がある。
>>>高額なスタンダードを買うならベーシスとクゴリーノヒットやポップを買ったほうがいい

予約待ちをする場合は、入荷に1年ほど差がある店がある。
>>>早く届くベーシスのほうがいい

今買うなら絶対にベーシスがおすすめです!

定価で買う場合もベーシスのほうがお得なのですが、積み木の数に騙されてみんな勘違いしている気がします。

購入を検討している方がいましたら、是非教えてあげてください!